クレジットカード現金化のデメリット

HOME » クレジットカードお役立ち情報 » クレジットカード現金化のデメリット

クレジットカード現金化のデメリット

クレジットカード現金化はショッピング枠を手軽に現金に変えられるため、すぐに現金が必要だけどなかなか用意できないときに便利ですが、利用する前にはメリットだけでなくデメリットにも目を向けておかなければなりません。
まずクレジットカード現金化の最大のデメリットは利用停止のリスクがある点で、これはカード会社が現金化目的に利用していると判断するとそうなってしまいます。

ただ専門の業者を利用すればカード決済会社を通して行いますので比較的リスクは低くなりますが、個人的に換金率の高い商品を買って現金化するとリスクは高くなります。
したがって現金化するときには個人で行うよりも業者を介したほうがおすすめなのです。

それでは業者を介して手続きをした場合はデメリットがないのかと言うとそうではなく、この場合換金率が高くても80パーセント程度になります。
これは手数料なども含まれているからで、個人で現金化するよりもリスクが少ない分しょうがないと言えるでしょう。
一般的にどこの業者もだいたい換金率が80パーセント前後なのでできるだけ高く換金してくれるところを探してください。
ただし業者の中には悪質なところもあって、高い換金率を宣伝して詐欺まがいの手数料を取ったりするところもあるそうですから注意してください。

悪質な業者を利用しないためにはしっかりと情報収集することが大切で、これは実際に業者を利用している人からの口コミを参考にするといいでしょう。
最近ではインターネット上に数多くの専門サイトが開設されており、そこでは業者ごとの比較をしたり、優良業者を紹介したりしています。
クレジットカード現金化はリスクが高いと言われますが、メリットとデメリットをきちんと把握しておけば問題ありません。
これは消費者金融などにも言えることですが悪質な業者を見極めるだけでもリスクは回避できますので、まずはどういう業者があり、どういう業者がおすすめなのか調べてみてください。