クレジットカード現金化の違法性について

HOME » クレジットカードお役立ち情報 » クレジットカード現金化の違法性について

クレジットカード現金化の違法性について

最近金融系の話題の中にクレジットカード現金化に関することがよくあがっていますが、そこでよく議論になるのが「クレジットカード現金化に違法性はないのか?」という点です。
これはいろいろな考え方があるため、ひと言でこれが正しいというのは言いづらい面もあります。

まずクレジットカードを現金化すること自体はクレジットカード会社側は禁止していますが、それをどこで線引きするのかというのは非常に難しいのです。
たとえば新幹線の回数券を購入したはいいが間違えて購入してしまったので売りたい場合とはじめから換金目的で購入する場合とではやっていること自体に変わりはありませんし、それを確認する手段はありません。
もしクレジットカードで購入したものを売る行為を完全に禁止してしまえばクレジットカードで買い物をするリスクが大きくなってしまいますし、それはカード会社としては死活問題になるでしょう。
また購入したものを売ってはいけないという決まりはないので、違法性と言う点から見れば必ずしも違法だとは言えません。

しかしあまり何回も続けているとカード会社側も現金化を目的にしているのでは?と感じるはずなので、そうすると利用停止処分を受ける可能性があります。
したがってあくまでも現金に困ったときに使うひとつの手段として頭に入れておき、何回も繰り返し行うのはやめたほうがいいでしょう。
これは消費者金融を利用するときにも同じことが言えますが、違法性がないからと言って何回も利用していれば当然返済が難しくなりますし、カード会社側に分かってしまえば利用自体ができなくなります。
返済できないお金を手に入れても最終的に後悔するのは自分なので、まずは返済できるかどうかをきちんと確認して計画的に利用するようにしてください。

またクレジットカード現金化するときにはどこの業者を利用するかがとても重要なポイントになりますので、情報収集をしっかりしておきましょう。