現金借入の総量規制(現金化は対象外)

HOME » クレジットカードお役立ち情報 » 現金借入の総量規制(現金化は対象外)

現金借入の総量規制(現金化は対象外)

クレジットカードの現金化はお金を借りることとは少し違うため、総量規制の対象にはなりません。
これはクレジットカード現金化のメリットのひとつであり、そこに目をつけた人が利用するケースはけっこうあるそうです。

消費者金融などの貸金業を利用したことがない人にとって総量規制というワードは聞き慣れないかもしれませんが、これは2006年に貸金業法が改訂されたときに施行された新しい法律です。
内容は簡単に言うと年収の3分の1以上の借り入れはできないというものであり、たとえば年収600万円なら最大で200万円までしかお金を借りることができないのです。
これはひとつの業者だけに限らずすべての貸金業者が対象になりますし、一人あたりが借りている総額で計算されますからひとつの業者ですでに100万円借りている場合はあと100万円しか借りることができません。
また年収の3分の1を超えてはいけないというのは最大でという意味ですから、どこの業者も3分の1いっぱいまで貸してくれるとは限りません。
特に近年は貸金業者も融資に厳しくなっており、ひと昔前のように簡単に借りれる時代ではなくなりましたので、審査に落ちる人も増えています。

そこでおすすめなのがクレジットカードの現金化で、これは借り入れではなくキャッシュバックになりますから、お金を借りているわけではありませんのでショッピング枠ギリギリまで利用したとしても貸金業者の利用に影響が出ることはありません。
したがってすでに総量規制を超える融資を受けている人でも利用することができますし、審査などもありませんから簡単に現金を手に入れることができます。

ただしいくらお金が必要だからと言って無理な利用をすると自分の首を絞める結果になりかねませんから、現金化するときにはその後きちんとクレジットカードを使ったお金の返済ができるのか確かめておかなければなりません。
注意しなければ最悪の場合利用停止になってしまうので注意しましょう。